27日、中国でこのほど、乗用車のトランク内に5頭の生きたゴマフアザラシが隠されているのを警察が発見し押収した。資料写真。

写真拡大

2016年3月27日、中国遼寧省葫芦島市綏中県の警察は、乗用車のトランク内から5頭の生きたゴマフアザラシを発見し押収したと発表した。新華社が伝えた。

警官が国道で、トランク部分が明らかに沈んでいる不審な車両を発見した。運転手にトランクを開けるよう求めたが不自然な受け答えをしたため、警官が開けたところ、トランク内から、体長60〜70センチ、体重約30キロ、生後30〜50日とみられる5頭の生きたゴマフアザラシが見つかった。トランク内には、水が入ったペットボトル数十本も置かれていた。内部の温度を下げるためとみられる。5頭は河北省秦皇島市のゴマフアザラシ支援センターに送られた。

運転手は警察の調べに対し「水族館から他の土地へ運ぶ途中だった」などと話しているが、それを示す書類などは所持していないという。警察は、5頭が野生のゴマフアザラシである可能性もあるとして、詳しく調べている。

ゴマフアザラシは、中国で国家一級保護動物に指定されている。渤海の遼東湾はゴマフアザラシの繁殖地として知られている。(翻訳・編集/柳川)