激化するポジション争いに身を置くGK西川周作「常に集中力を高めて準備しておくことが必要」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は28日、29日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を実施した。

▽トレーニング最終日の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたGK西川周作(浦和レッズ)は、シリア戦で出場チャンスが巡ってきたときのためにも、「常に集中力を高めて準備しておくことが必要」と述べた。

◆GK西川周作(浦和レッズ)

──アフガニスタン代表でベンチスタートだったが、新たな競争を感じるか

「ベンチのときは自分のプレーに生かしたいなと思いながら出ている選手のことを見ている。(先のアフガニスタン代表戦は)危ない場面はなかったけど、ああいう試合はGKにとって難しい状況でもある。明日もどうなるかわからないし、常に集中力を高めて準備しておくことが必要だと思う」

──日本より得点を取っている相手との対戦だが

「まずは、相手に打たせる前にゴールを守れるかっていうところをトライしたい。僕らが前掛かりにいく展開になるだろうし、自分はその背後のケアを心がければ、相手のチャンスを潰せる。それに、みんなの戻る距離も減らせると思うので、GKのポジションも大事になってくる」