26日、中国・上海市で女性の社会進出に関するフォーラムが開かれ、97%の女性が職場で性別による差別を受けたことがあるとの調査報告が公表された。資料写真。

写真拡大

2016年3月26日、中国・上海市で女性の社会進出に関するフォーラムが開かれ、50%の女性が職場で性別による差別を頻繁に受けているとの調査報告が公表された。中国青年報が伝えた。

同報告は中国の60都市で1万人を超える女性を対象に行われたアンケート調査を基に作られており、「職場で時々性別による差別を受ける」は47%で、職場で性別による差別を受けたことがあると答えた女性は97%に上った。

性別による差別があるものの、職場に対する満足度の調査では、「非常に満足」が11%で、「比較的満足」は57%と合わせて68%が満足と答え、「非常に不満」はわずかに3%だった。一方で、給料に関しては77%の女性が不満だと答えた。(翻訳・編集/内山)