目に見える結果を欲するFWハーフナー・マイク「何としても1点は取りたい」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は28日、29日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を実施した。

▽トレーニング最終日の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFWハーフナー・マイク(ADO/オランダ) が、シリア戦に懸ける思いや、現在の心境などを語った。

◆FWハーフナー・マイク(ADO/オランダ)

──監督会見で紅白戦の際に宇佐美貴史選手から削られたようだが、チームとしての戦う意識を感じるか

「みんな意識高くやっています。それを試合で出せたら良いなと思います」

──久々に代表に加わってみて

「練習していく中でもっと成長しなければいけない部分を感じています」

──最終戦ではゴールという結果を残したいのでは

「目に見える結果がゴールなので、何としても1点は取りたいです」

──移籍先が決まらなかった期間などは、どういう思いを持っていたか

「サッカーが好きなのは変わりません。色々ありましたが、オランダに行って、また見られる立場になれました。ここからまた代表を目指したいという思いが強くなりました。そこから目に見える結果を残してやってきました」