人の真似をして「絵を描く」ドローン

写真拡大

人がペンを走らせる動きを模倣し、ときには逸脱した動きをして“絵を描く”ドローンは、「アートをつくり出している」のか。MITメディアラボの学生チームによる研究論文が発表された。

人は芸術を生み出すとき、必ず道具を使用してきた。ただし、絵筆、ペン、ノミは独自の“アジェンダ”を有してはいない。それを使う者の意志に従うのだ。しかし、MITメディアラボの流体インターフェイスグループの学生によるプロジェクトは、機械がアートのプロセスにおいて発言権をもったとき、何が起こるかを考えさせてくれる。

「人の真似をして「絵を描く」ドローン」の写真・リンク付きの記事はこちら

今回のケースにおける“機械”とは、ドローンのことだ。そしてそのドローンは、空飛ぶパンタグラフとして機能する。人がペンで何かを描く。その動きをカメラがとらえる。コンピューターがそれをドローンに伝え、ドローンはペンが描いているものを模倣する。

上記の動画では人がペンでキャンヴァスを掃くようなジェスチャーをしているが、ドローンはそれを再現し、自分のキャンヴァスに同じようなマークをつくり出す。

そのとき、不都合な事態が起きないわけがない。「ドローンに取り付けられたペンがキャンヴァスと接触する際、キャンヴァスに加えられる圧力が横方向の摩擦を引き起こす」と、論文には記されている。

チームメンバーの1人であるサング・リーは、第1世代ドローンの制御はあまりうまくいかなかったと語る。「いまでは制御能力が向上し、かなり容易に直線を描けるようになりました」

(両者の描く線が)見た目において一致しないもののうち、いくつかは意図的にそうしたのだという。また、描画は(ドローンの性能の許す限り)リアルタイムで再現できるが、ドローンが意図的に遅れるようにプログラムすることもできる。ドローンはゆっくりとした、時間をかけた動きはより正確に読み取るようだが、筆づかいがより速いとエラーが生じる。

研究者たちは、システムの「予測不可能性」を認識しているようだった。それは技術的な欠点と指摘されるのかもしれないが、彼らはむしろ、アルゴリズムと空気力学によってつくり出された不一致を独自のスタイルだと見なしている。

「アートの視点からはすると、これはたいへん魅力的だと思います」と、リーは語る。機械のもつ動的かつ予測不可能な特徴は、ジャクソン・ポロックによる抽象的なドリッピング作品のように魅力的な審美性を付加するというのだ。

「ここには、機械の創造性が人間の芸術的行為へと浸透していく余地を見出せるはずです」