日本株全体が下落する時は 過剰に売られた高配当株を仕込むチャンス! 今こそ買いの配当利回り4%超の優良4銘柄とは?

写真拡大

日本株全体が好調な時は、極端に利回りが高い株は、業績や財務内容に大きな懸念があるケースが多い。しかし、市場全体が下落している時は逆に過剰に売られた高配当株が出現する。こういった時こそ、優良な高配株を仕込む絶好のチャンス。最高5.4%の選りすぐりの4銘柄を紹介しよう。

財務が良好で安定収益の
超高利回り株が揃った!

 銘柄選びのポイントとしては、配当の原資となる利益が伸びていることと、配当性向が高すぎないという点。当期利益が伸びており、配当性向が60%以下に抑えられている、配当利回りが4%超の銘柄が次の4つだ。

 まずは、計測装置専門メーカーの国際計測器(7722)。配当利回りが5.41%と非常に高いのは、中国向けの落ち込みによる影響が懸念されているためだが、安定した収益基盤があり、今期も3期連続の増配となる見込みだ。

 次に高利回りなのが、インバウンド関連としても注目の日本エスコン(8892)だ。PER5倍台と割安で下値リスクは小さい。

 さらに、4%の利回りで、業績が大幅に改善している昭和真空(6384)は16年3月期の配当が2倍増へ。

 また、4.2%の利回りながら、株価の変動率が小さい日本バルカー工業(7995)は今期に続き、来期もコスト削減効果で利益増となる見込みだ。

 株価の上昇力が弱い今は、こうした高配当株を買って高利回りを確定させることが最善策と言えるだろう。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には「2000年からの15年間の検証でわかた!日本株の正しい儲け方」が載っている。過去15年を振り返ると、最短7年分の配当だけで投資額を全額回収できた高配当株など驚きの配当株がゾロゾロ。また、15年間ずっと右肩上がりの株も多数存在、それらには共通点があった。配当狙いや値上がり益狙いの正しい儲け方を具体的な今オススメの銘柄とともに紹介。チャートだけで売買する全勝法や積み立ての合わせワザも。さらに3カ月に1度の人気株500激辛診断では、今期予想だけでなく来期予想も掲載、今後3カ月間の高値&安値予測とともに「売り」「買い」をズバリ判定。ROEや配当利回り、優待利回りなどのランキングのほか、「割安・割高をズバリ!全3601銘柄の最新理論株価」も。このほか、「最高利回り5.4%の超高配当株15」「買いの株主優待株&10万円株14」「ゆうちょ銀や都銀などの配当狙い○×判定」「住宅ローンの失敗しない借り方&借り換え方」「桐谷さんの手数料&税金0円ワザ」「AKB48がNISAで株&投信に挑戦」など情報満載。ダイヤモンド・ザイ5月号はアマゾン、楽天ブックスでも送料無料で発売中。