卒業・就職やお引っ越し、新生活への準備等々。何かと気ぜわしく、緊張するシーンも多い季節ですね。それなりに寝ているのに、いつも頭の芯が重だるかったりして・・・そんな疲労感を瞬時に解消できる方法として今話題なのが『耳ひっぱり』。あらゆる疲れをリセットし、聴力・ 視力・ 女子力までもアップさせてしまうそうです! やりかたは、耳を手でちょいとつまんで軽くひっぱるだけ。って、おまじないですか? いったいどんな仕組みなのでしょう。

マッサージやストレッチする気力はないんだけど。


「手でつまんで斜め上にひっぱる」だけ!!

精神的なダメージを受けたり、目や耳を酷使すると、頭の奥がつまったような重〜い疲れを感じますよね・・・そんな症状は、頭の中の『蝶形骨』が圧迫されて固まったり歪んだりしている状態なのだそうです。
私たちは、自律神経の「交感神経(緊張)」と「副交感神経(リラックス)」でバランスをとっています。けれども現代人の生活は「交感神経」が優位になりがちで、切り替えもなかなかスムーズにはいかないようです。ストレスによって『蝶形骨』にたくさん通っている血管や神経の働きが悪くなると、疲れやすくなり、体のあちこちにコリや痛みが!
そこでためしに、両耳を手でつまんで 斜め上にひっぱってみてください。
それだけでもなんとなく、スッキリしませんか?
耳を斜め上にひっぱると、耳と頭の間にすき間ができて、『蝶形骨』が自由になります。すると、神経の通りもよくなって、体全体がホッとリラックス。副交感神経が働いて、血流もよくなり、コリや疲れが解消されるのですね。ここぞというときにちょっと耳をひっぱって集中力を増したり、対人関係の緊張やイライラをしずめるスイッチとしても役立ちます。
所要時間は、1回30〜60秒ほど。ストレッチやマッサージをおこなう時間(や根性)がない人でも、気軽に即実行できそうですね。

「耳は疲れのリセットボタン」☆

「耳は疲れのリセットボタン」☆


たった30秒で体じゅうに若返り効果が?!

じつは年齢とともに、私たちは顔の皮膚だけでなく耳もたるんでくるようです。耳の位置が1センチくらい下がることで、真っ直ぐだった音の通り道は途中で折れ曲がり、穴の入口も形がいびつに・・・それで聴こえが悪化するのですね。
そんな人が耳ひっぱりをすると、耳の穴が大きく開いて外耳道が真っ直ぐになるので、聴力がなんと2倍にアップするのだそうです。もちろんこれは一時的なものですが、耳ひっぱりを習慣にしていると耳全体が柔軟になり、聴こえにも効果が期待できるといいます。脳が活性化するので、耳鳴りや認知症の予防・改善にも効果があるそうです。
耳をひっぱると目がとてもスッキリするせいか、視界がクリアになって良く見えると感じる人が多いそうです。目力もアップしますね。また、頭の横にある筋肉のこわばりがとれて 顔もリフトアップ。ほうれい線がうすくなり、血行がよくなって顔色が美しく艶やかになります。
頭蓋骨の緊張がとれると背骨のゆがみが正され、背中や腰の痛み、肩こりが改善されます。冷え性や花粉症が軽減する人も。たった30秒なのに、なんと嬉しい効果がいっぱいですね。

耳を使ったらひっぱる習慣に

耳を使ったらひっぱる習慣に


<おすすめのひっぱりかた>

1.  中指を耳のくぼみに軽く入れ、親指は耳の後ろに添えて、両耳をつまむ。薬指と小指は耳の付け根あたりに軽く添えるとやりやすい
2.  ひじを軽く横に張るようにして、両耳を斜め後ろ方向へ、そっとひっぱる。視線は目の高さにある遠くの水平線を見ているイメージで
3.  30秒〜1分程度保つ。1日に何回おこなってもOK! 慣れると、10秒間くらいで疲れがリセットされるように
◇ほかにこんな方法も◇
・(反対側の手で、頭の上から)耳の上方をつまみ、耳とアゴを持ち上げるつもりで、上に向かってひっぱる
・症状に対応するツボを摩擦で刺激するようにひっぱる
・骨盤のゆがみを正すように歩く、間食を抑えるように舌を出す、ウエストをひねる、など効果を上げたい動作を加えながらひっぱる
長時間のパソコン作業やデスクワークで疲れたとき、耳鳴りがするとき、ヘッドホンやイヤホンを使った後、大音量で音楽を聞いた後、気持ちがどんよりするときなど、いつでも気づいたときこまめに耳をひっぱるとよいそうです。
新年度に向けて疲れを即リセットしたい方は、お試しになってはいかがでしょう。

耳っていろんなツボが集まっていますしね!

耳っていろんなツボが集まっていますしね!

<参考>
『1日1分であらゆる疲れがとれる 耳ひっぱり』藤本靖(飛鳥新社)
『耳がよく聞こえる!ようになる本』中川雅文(河出書房新社)

もちろん自分の耳をひっぱりましょうね♪

もちろん自分の耳をひっぱりましょうね♪