【NYオートショー2016】三菱、「ミラージュ」の4ドア・セダンを公開

写真拡大

【ギャラリー】2017 Mitsubishi Mirage G4: New York 2016 (12枚)


【ギャラリー】2017 Mitsubishi Mirage G4 (2枚)


もし、あなたが安価な新しいクルマを求めていて、でも絶対にセダンがいいと思うなら、その両方を満たす三菱の新型「ミラージュ G4」はいかがだろう? 現在開催中のニューヨーク国際オートショーでデビューしたこの小さな4ドア車は、決して美しいとは言えないが、Apple CarPlayやAndroid Autoによるスマートフォンの接続機能など、ハイテクなアメニティも用意されている。
このミラージュ G4は、スタイリングの多くの部分をすでに販売されているハッチバックの「ミラージュ」と共有しているが、車体後部には独立したトランクが備わり、いくぶん立派なフロント・グリルが与えられた。前後のデザインがずんぐりしているので、ふっくらした愛嬌を感じさせ、短くて丸い形がどこか可愛らしい。

パワートレインもハッチバックと同じものが搭載されている。最高出力78hp、最大トルク10.2kgmを発揮する1.2リッター直列3気筒エンジンによる前輪駆動だ。トランスミッションは5速マニュアルまたはCVTから選べると、米国三菱のスポークス・パーソンであるアレックス・フェデラック氏が教えてくれた。2017年モデルのミラージュは、ハッチバックもサスペンションのダンパーとスプリングの設定が見直され、ブレーキのディスク(前)とドラム(後)が拡大されるなどのアップデートを受けている。

このずんぐりした三菱の小さなセダンは、米国では今年の春から発売される予定。日本市場にも導入されるという発表は、今のところない。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー