シリアとの首位攻防戦へ最終調整! 選手はリラックスした様子でトレーニング《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は28日、29日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を実施した。

▽メディア陣に対して冒頭15分のみの公開となったトレーニング最終日は、定刻の17時よりも10分遅れでスタート。首位通過を懸けたシリアとの最終戦を翌日に控える中、選手たちは練習の最中ながら笑顔を見せるなど比較的リラックスした様子でトレーニングを行った。

▽全24名の選手たちはいつも通り、鳥かご、円陣、ランニングの順で身体をほぐした後、選手たちはフィールドプレーヤー組とゴールキーパー組に分かれてトレーニング。FP組がバリーエーションに富んだステップワークに励んだ一方で、GK組は鳥かごで汗を流した。