自転車に乗る子供に絶対に教えておきたいこと:事故時の対応マニュアル

写真拡大

交通事故に遭うと、大の大人でも動揺して、適切な行動がとれないことがしばしばあります。
事故の当事者が子供ならなおさらです。

もしも自転車に乗っていて交通事故を起こしたら(あるいは巻き込まれたら)、どう行動すればいいか、親子で一度、確認しておきましょう。

小さな事故でも110番通報が必須


ひと口に交通事故と言っても、さまざまな状況が考えられます。
ここですべてのパターンについて説明することはできませんが、どんな状況でも事故が起きた時に必ず実行すべき原則があります。

それは、

警察(110番)に通報する

ことです。
携帯電話や最寄りの公衆電話、あるいは周囲の人の電話でも構いません。

交通事故を起こしたらその場で110番に電話をかけ、「交通事故を起こしました」という連絡を入れます。
子供の年齢的に、自分で通報できない場合は、事故が起きたその場から、保護者に連絡させるようにしましょう。

ここで、「事故による負傷者がいる場合は119番通報も必要なのでは?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、110番通報の際に「ケガ人がいる」と伝えれば、警察から消防へと連絡が入る仕組みになっています。
ですので、最低限、110番通報さえすれば大丈夫です。

「悪い大人」が相手だった時のことも伝えておく


なお、本来は110番通報は加害者側がすべきです。
しかし、加害者が大人で被害者が子供のようなケースでは、相手(加害者)が通報しようとしない状況も考えられます。

特に、軽い衝突などで外傷などの目立った被害がない場合、相手が子供だからとその場で丸め込み、立ち去ろうとする者もいるかもしれません。

そのような場合は、被害者である子供から110番通報するのが最善ですが、それが難しい場合も、少なくとも保護者に連絡を入れるように言い聞かせましょう。
その際、「交通事故を起こした時はすぐに親に連絡しろと言われているので連絡します」と言うことができればベストですね。

中には、子供に現金を渡すなどして、いわゆる「現場示談」で済ませようとする者もいるかもしれません。
そうした行為に絶対に応じてはならないと言い含めましょう。

きちんと警察に通報するのが、大人も子供も関係なく、すべての人に共通のルールであると伝えてください。

最悪の事態は回避したい


子供の年齢によっては難しいかもしれませんが、最低でも、事故の目撃者など周囲の大人に助けを求めるように言い含めておきましょう。
実際に事故が起きた場合、適切に行動することは大人でも難しいものです。

しかし、いざという時、子供が「まったくどうしていいかわからない」という事態は避けたいものです。

わが子をいくら大事に思っていても、常にそばにいて守ってやれるわけではありません。
交通事故という不測の事態は、誰の身にも起こり得ます。

また、事故は起きてからの対応が大切です。
そんな、万が一の事態が起きた時に、被害は最小限に食い止めたいもの。
そのために、親として平時のうちからできることを考えたいですね。

執筆:大泉 稔(ファイナンシャルプランナー)