アジア太平洋こども会議が台湾訪問  異文化交流楽しむ

写真拡大

(嘉義 28日 中央社)アジア太平洋こども会議イン福岡(APCC)の子供たちが28日、嘉義市内の小学校を訪れ、1日学校体験を楽しんだ。

APCCは1989年から続く民間国際交流プログラム。毎年多くの世界の子供たちが異文化交流を図っており、台湾も第1回から参加している。

今回は日本人を対象にした春休み派遣事業の一環として訪台。ソーラン節なども披露した。

(江俊亮/編集:齊藤啓介)