写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Noupeは3月25日(ドイツ時間)、「Content Marketing: Don't Miss These Five Trends in 2016 - noupe」において、コンテンツマーケティングにおいて知っておくべき5つのトレンドについて報告した。読者はさまざまなデバイスからコンテンツにアクセスするようになっており、さらに世代ごとに利用するメディアが異なっていることもあって、コンテンツマーケティングにはこれまで以上に多種多様な対応が求められるようになっている。

紹介されている主な内容は次のとおり。

1. コンテンツマーケティングの過熱によってインターネットにはさまざまなコンテンツがあふれており、ユーザーはそれらを適切に処理することができないでいる。このため、2016年もコンテンツの質に対する重要度が今までと同じように継続すると言える。長期にわたって利用される価値のあるユニークで高い品質のコンテンツを提供することが、競合に対する強みとして生かせるようになる。特定のキーワードを可能な限り詰め込む、キーワードの出現頻度に注目するといったSEOテクニックに頼る時代は終わった。
2. ソーシャルメディアサービスはユーザーの囲い込みに力を入れており、こうした勢力と敵対するよりも、こうしたメディアを活用するほうが賢いと言える。Facebookはソーシャルパブリッシングとしての道を歩み始めており、「インスタントアーティクル」と呼ばれる新しい形のマルチメディアポストが増えている。Facebook以外のソーシャルネットワーク・サービスもこの流れに続こうとしている。
3. インターネットは情報過多になりつつあり、こうした状況に対する解決方法の1つとしてコンテンツ・マーケティング・アルゴリズムの開発と改良が進められている。コンテンツ・マーケティング・アルゴリズムの向上によってロボット・ジャーナリズムはより大きな存在になっていくと見られる。基本的なトピックに限られてはいるが、すでに機械によって生成された記事が存在している。
4. 現在のコンテンツマーケティングは依然としてデスクトップ・ユーザーに重きを置いているが、2016年はこれをモバイルユーザの振る舞いに合わせるように戦略を作成する必要があると考えられる。
5. コンシューマーに届けやすいといった理由のみならず、ビジュアル・コンテンツが大きな成功を収めている。特に若いオーディエンスを対象としているのであれば、InstagramとSnapchatにより注目すべきと言える。

異なるソーシャルメディアサービスの活用、異なる年齢層へのアプローチ、異なるデバイスへの対応など、多種多様な取り組みが求められるようになっている。

(後藤大地)