25日、15年に韓国を訪問した外国人は延べ1336万人に達したが、うち中国国籍は同615万人と半数弱に達している。写真は韓国のお土産。

写真拡大

2016年3月25日、北京日報によると、韓国を訪問する外国人観光客の半数弱が中国人で、70%超はショッピングが目的だった。

【その他の写真】

韓国政府は16年から18年の3年間を韓国訪問年として外国人観光客の招致を進めている。メインターゲットは中国人だ。15年に韓国を訪問した外国人は延べ1336万人に達したが、うち中国国籍は同615万人と半数弱に達している。今後、ビザ発給要件のさらなる緩和などの優遇措置を打ち出していくという。

韓国観光公社の統計によると、中国人観光客の1人当たり消費額は約2200ドル(約24万9000円)。中国人観光客の70%超がショッピングを目的としている。韓国文化を楽しみたい人の比率は20%前後。その他に美容整形手術や観光などの目的も挙げられている。(翻訳・編集/増田聡太郎)