ミニ ミニ コンバーチブル新車情報・購入ガイド
街の視線一人占め確実! 爽やかなコンバーチブルが追加!【ニュース・トピックス:ミニ】

写真拡大

ソフトトップの生地に、織り込んだユニオンジャックが!

 BMW は、プレミアムコンパクトミニ クーパー にオープンモデルであるミニ クーパーコンバーチブルを新設定し発売を開始した。ミニ クーパーコンバーチブル には、クーパーコンバーチブル、クーパーSコンバーチブル 、ジョンクーパーワークス コンバーチブルの3タイプが用意された。

 ベースとなっているモデルは、ミニ3ドア。ミニ3ドアは2014年にフルモデルチェンジされた。その後、日本マーケットで高い人気を誇る5ドアが投入されている。この5ドアは、全長4,000×全幅1,725×全高1,445弌ミニ3ドアに比べ、全長を165mm、全高を15mm、ホイールベースを70mm拡大させている。

 また、ミニ コンバーチブルは、2004年に第1世代、2009年に第2世代が誕生。今回のモデルで第3世代となっている。

 ミニ クーパーコンバーチブルの外観は、基本的にミニ3ドアと同じだ。ルーフはソフトトップの電動式で、30/h以下なら走行中にも開閉が可能だ。突然の雨や、前方にトラックなどが走っているとき、渋滞中などに便利な機能といえる。

 さらに、このルーフにはオシャレな設定がある。通常のルーフをもつミニには、ユニオンジャック模様を貼り付けることができた。このユニオンジャックの模様を、なんとソフト・トップの生地に織り込むことが可能となっているのだ。ソフトトップに数色の色が設定されたモデルはあるが、生地に織り込むという手法はとてもユニーク。こうした設定が、個性的なミニをますます個性的にしてくれる。こうした装備がミニをより魅力的に見せている。

オープンモデルであっても、高い走行性能を誇るジョンクーパーワークスが設定されている!

 オープンモデルにとって、重要なのはもしもの横転事故でも乗員を守るロールバー。このロールバーは、クルマによってはスポーティ印象を与えるが、ミニのようなモデルではやや無骨な印象を与える。そこで、車両横転時に展開する事で後席乗員を保護するロールオーバープロテクションシステムは、よりボディデザインに溶け込ませている。こうすることで、リヤエンドまで解放感あるエレガントなスタイルとなっている。

 インテリアが丸見えになるのは、オープンモデルの特徴でもある。それだけに、インテリアの質感やデザインは重要。ミニ クーパーコンバーチブルには、専用のレザーチェスター モルトブラウンのシートを装備することも可能になっている。

 ミニ クーパーコンバーチブルは、コンパクトなオープンカー 。基本2人乗りで後席は荷室と割り切った使い方ができれば、意外と機能的だ。とはいえ、積載性も重要な要素。トランク容量は、先代モデルに比べ約40L拡大。同時に、スルーローディングシステムの開口部も拡大させ積載性も向上させている。

 ミニ クーパーコンバーチブルに搭載されたエンジンは、3タイプ。エントリーグレードのクーパーコンバーチブルには、1.5L直3ターボが搭載され136PS&220Nmを発揮。1,320圓亮崕鼎砲鷲要十分といったところ。燃費は16.7km/Lとなっておりエコカー減税対応モデルだ。

 クーパーSコンバーチブルには、2.0L直4ターボが搭載。192PS&280Nmを発生する。燃費は16.3/Lとなっている。この小さなボディにV6 3.0L車並みの最大トルクを誇るエンジンを搭載していることもあり、0-100/h加速は7.1秒となかなか俊足だ。

 そして、最も走りに特化したジョンクーパーワークスコンバーチブルは、231PS&320Nmを発揮する。このハイパワーを生かすため、ハンドリング性能を向上させるエレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール(EDLC)、パフォーマンス・コントロールを備えたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)を標準装備している。また、他のモデルとの差別化も図られ専用エアロやホイール、ステアリング、スポーツシートなどが用意された。

 3タイプ用意されたミニ クーパーコンバーチブルには、すべて6速ATが組み合わされている。装備面では、歩行者検知式自動ブレーキなどが用意され、安全装備に関しては高いレベルにあるので安心。

ミニ コンバーチブルの選び方は?

 さて、ミニ クーパーコンバーチブルの選び方。価格はクーパーコンバーチブルが342万円。クーパーSコンバーチブルが397万円、ジョンクーパーワークスコンバーチブルが483万円となっている。ジョンクーパーワークスは、あまりに高価で特別なモデルのなので、マニアックなファン向けといったモデル。

 悩みどころは、クーパーにするかクーパーSにするかという選択だ。価格差も55万円と微妙なところ。燃費性能面では、ほぼ互角。となると、エンジンパワー差が選択のカギとなる。直3で1.5L 136psのクーパーか、2.0L直4で192psのクーパーSかという選択になる。基本的に、オープンカーとしてのんびり走りたいというのであれば、1.5L直3のクーパーで十分といった印象。予算に余裕があるのなら、オプション装備を充実させるという方法もいいだろう。

 クーパーSは、やはりオープンカーとしての価値だけでなく、走りも楽しみたい人向けといえる。192psという十分なパワーは、ミニのゴーカートフィーリングをより鮮明にし、走りを楽しませてくれる。

 ミニの販売は、強力なブランド力を背景に、値引き「ゼロ」が当たり前になっている。とくに、ミニ クーパーカブリオレといった趣味性の強いモデルは、指名買いとなるためその傾向が強い。ミニ クーパーカブリオレが本命、ということを感じさせないようにジックリと競合車と比べながら商談し、せめて用品サービスなどを得たいところだ。値引きゼロのモデルではあるが、カブリオレはとくにリセールバリューが高いので魅力的だ。

ミニ クーパーコンバーチブル価格

■ミニ クーパーコンバーチブル価格
・MINI Cooper Convertible 3,420,000円
・MINI Cooper S Convertible 3,970,000円
・MINI John Cooper Works Convertible 4,830,000円

ミニ クーパーコンバーチブル燃費、スペックなど

代表グレードミニ クーパーコンバーチブル
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)3,835 mm x 1,725 mm x 1,415 mm
ホイールベース[mm]2,495mm
トレッド前/後[mm] 1,501/1,501mm
車両重量[kg]1,320kg
総排気量[cc]1,498cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm]100(136)/4,400
エンジン最大トルク[N・m/rpm]220/1,250
ミッション6速AT
タイヤサイズ195/55R16
JC08モード燃費16.7km/L
定員[人]4人
税込価格[円]3,420,000円
発売日2016/3/2
レポート編集部
写真BMW

この記事をCORISMで読む→