写真提供:マイナビニュース

写真拡大

XYZプリンティングジャパンは3月28日、エデュテインメントロボット「XYZrobot Bolide」を発表し、教育向けロボット分野に参入すると発表した。

同製品は自由に動く関節が18カ所あり、モーション編集ソフト「XYZrobot モーションエディター」を利用してモーションを自由に作成することができる。操作は付属のリモートコントローラーまたはスマートフォンアプリで行う。

購入者自身が組み立てる「組み立てキット」と組立済みの「完成品」の2種類があり、楽しみながらものづくりやプログラミングを学ぶことができるとする。

なお、3月28日〜4月5日までの期間限定で先行予約販売を実施し、「組み立てキット」はデアゴスティーニ・ジャパン、「完成品」は同社Webサイト、楽天市場、Yahoo!ショッピングおよびデアゴスティーニ・ジャパンで予約を受け付ける。価格は「組み立てキット」が9万9800円、「完成品」が11万9800円となっている。正式販売は4月6日より開始する。

(神山翔)