「何十年に一度の変革」、「ブランドを塗り替える」など、新型ボルボXC90に投げかけられるボルボ・カー・ジャパン関係者の言葉。

1

外観をひと目見ただけでボルボ車が新しいステージに引き上げられたことが分かりますが、新プラットフォーム「SPA」の採用や、最新かつ自前のプラットフォーム「Drive-E」パワートレーンを前提とした開発、さらにプラグインハイブリッドも初めて設定され、日本にも導入されるなど、見どころ満載となっています。

ここでは概要をお届けします。

ボディサイズは全長4950×全幅1930×全高1775mm。ホイールベースは2985mm。最低地上高は225mmですが、試乗車(写真)はすべてエアサスペンション装着車で、こちらは180mm。最小回転半径は5.9〜6.0mです。

ちなみに、ほぼ同時期に新型が発表され、日本に上陸した新型アウディQ7は、全長5070×全幅1970×全高1705mmで、ホイールベースは2995mm。最低地上高はエアサス装着車が180mm、それ以外は210mm。最小回転半径は5.7m。

アウディQ7の方がボディサイズは大きめですが、最小回転半径は0.2〜0.3m小さくなっています。

新プラットフォーム「SPA」の採用により、縦、横、高さ方向を変えられるようになった新型ボルボXC90。「SPA」の詳細は別記事でご紹介しますが、デザインの自由度が高まったことで、ボクシーでありながらスタイリッシュなフォルムを実現しているのに貢献しているそうです。

また、電動化(PHEV)にも対応するパワートレーンも見どころ。

純ガソリン仕様は、2.0Lの直列4気筒ガソリンターボ、もしくは、それにスーパーチャージャーを加えたダブル過給器付のいずれかになります。

巨大なボディなのに2.0Lの直4ターボ(もしくはスーパーチャージャー&ターボ付)で「走るのか?」という点も気になるところでしょう。こちらも別の記事で詳細はご紹介しますが、ひと言でいえば「心配はご無用」。

トランスミッションは全車ロックアップ機構付の8ATで、駆動方式も全車電子制御式AWDが採用されています。

乗車定員は3列シートの7人乗りのみで、荷室容量は通常時が314L、3列目を格納すると692L、2列目も拡大した最大時は1868L(純ガソリン仕様のT5/T6)まで拡大できます。

なお、PHEVの「T8」は、通常時が262L、3列目格納時が640L、2列目3列目格納の最大時が1816L。先代XC90には助手席の背もたれを前倒しできる機能がありましたが、これだけの大容量ですので積載スペースに不足はないはず。

インパネは、タブレットのような大型の9インチ・センターディスプレイ、メーターの12.3インチ・ドライバー・ディスプレイが目を惹きますが、ハードスイッチはわずか8つのみに抑えられていて、ヘッドアップディスプレイとともに新しいインターフェイスに変更されています。

そのほか、ボルボ自慢の安全装備も世界初の右折時対向車検知機能など、新「City Safety」が搭載されるなど、見どころ満載となっています。

(文/塚田勝弘・写真/佐藤靖彦)

新型XC90でボルボ・デザイン、装備が大きく生まれ変わった!(http://clicccar.com/2016/03/28/361771/)