ワンダ 極 微糖

写真拡大

アサヒ飲料は、創業80年を超える大阪の老舗珈琲店・丸福珈琲店監修によるボトル缶コーヒーの新シリーズから、「ワンダ 極 微糖」を2016年4月5日に、「ワンダ 極 ブラック」を5月10日に全国で発売する。

丸福は1934年に大阪で開業し、現在では関西・関東を中心に24店舗を展開する人気店。「深煎りの極み」と呼ばれる独自の焙煎方法とオリジナルの抽出器具を使用して淹れる珈琲は、濃厚でコク深く、さらに後味がさっぱりしているという。

その焙煎方法を参考に種類ごとに豆を焙煎し、深煎り豆を中心にバランスを見てブレンド。日本人に長く親しまれているモカの豆を主とし、コクの深さと飲みやすさを両立させた。

ワンダ 極 微糖は容量370グラムで希望小売価格が150円。ワンダ 極 ブラックは400グラムで140円。いずれも価格は税抜。