27日、中国人観光客に人気の香港土産の一つが中国政治ゴシップ本だ。しかし今、その流れが変わろうとしている。写真は香港国際空港の書店。

写真拡大

2016年3月27日、RFI中国語版サイトによると、香港空港のシンガポール企業書店が中国資本に交代している。

中国人観光客に人気の香港土産の一つが中国政治ゴシップ本だ。香港国際空港でも人気商品となっていた。しかし今、その流れが変わろうとしている。シンガポール資本の書店Page Oneが4月に空港を撤退し、その後に中国本土資本の中華書局のテナントが入ることが決まった。また、空港内の書店数自体が減少する傾向にある。

中国政治指導者の権力闘争や愛人関係を取り上げてきた政治ゴシップ本だが、中国政府は取り締まりを強化している。中国国内への持ち込みを規制しているほか、中国資本系の書店に取り扱わないよう圧力をかけているという。また、政治ゴシップ本販売で知られる銅鑼湾書店関係者5人が次々と拘束される事件も起きた。(翻訳・編集/増田聡太郎)