「東京モーターサイクルショー2016」にてBMW「G310R」が公開されました!
名前の通り、エンジンは313ccなのでBMW初の普通自動二輪免許で乗れるバイクとなります!

S1000Rの遺伝子を受け継いだバイク

1
エンジンはS1000Rのパーツを使い、34馬力となっています。
前後足回りも豪華な仕様で倒立フロントフォークにスイングアームはアルミ製を型抜してさらに軽量化しています。

シートはライダーの好みに合わせ、ハイシート、ローシートの二種類があります。

このバイク、驚きなのが前方吸気、後方排気エンジンなんです!
普通のバイクだとマフラーのエキパイがエンジンの前から出ていてキャブレターは後についてますよね?
前方吸気、後方排気エンジンはそれが逆で名前の通りキャブレターが前に付いて、エキパイが後についています。
ミドルクラスではかなり珍しい仕様です!

幅広い用途に対応!


G310Rはツーリングはもちろん、通勤・通学まで幅広く使えるように設計されています。
確かに通勤・通学には大型バイクよりも小回りが効くミドルクラスのほうがいいですよね。

ツーリングも行けてしまうのでファーストバイクにもセカンドバイクにもちょうどいいサイズのバイクなんじゃないでしょうか?

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

BMWから初の普通二輪免許で乗れる「G310R」が登場!(http://clicccar.com/2016/03/28/362590/)