スーパーフードが次々紹介される中、トップモデルや美肌女子が夢中になって食べているおやつがマツの実です! ダイエット、アレルギー・貧血・冷え症・便秘解消など女性にはうれしい成分が目白押し。中華やイタリアンではよくつかわれるマツの実ですが、今日からあなたの食卓にも取り入れてみませんか?

悪玉コレステロールを抑える!

マツの実には、オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれます。オレイン酸はオリーブ油やヒマワリ油にも含まれていて、悪玉コレステロール増加を抑えて、血液中のコレステロール値を下げます。リノール酸は大豆油、ごま油、コーン油に豊富で、適度に摂取するとオレイン酸のはたらきを高めるという研究結果が報告されています。2つの脂肪酸を摂ることで動脈硬化や心臓病などの予防効果が期待できます。

ダイエットに効くピノレン酸

マツの実に豊富なピノレン酸には、食欲を抑えるホルモンであるコレシストキニンの分泌を高めます。ダイエット中の人はおやつにマツの実を食べるといいですね。ただしカロリーは100g690kcalと高いので、ちょっとつまむ程度にとどめましょう。ピノレン酸は、赤血球のはたらきを活性化して血流をよくするはたらきもあります。マツの実には血流をよくするビタミンEや代謝をアップさせるビタミンB群も含まれるので、相乗効果に冷え症が改善されて、やせやすい体になれますよ。さらに、アレルギーや炎症を緩和してくれる機能もあります。リノール酸をたくさんとるとアレルギーが起こるといわれていますが、マツの実にはピノレン酸も含まれるので安心して食べることができます。

便秘解消・貧血効果も!

マツの実に含まれる食物繊維は、便通をよくしてくれますが、オレイン酸と一緒に摂ることで腸内での便の移動や排せつが円滑に行われて、ますます便秘解消になります。ミネラルが豊富で鉄分は100gで6.2mg、亜鉛が100g6mg含まれて鉄欠乏性貧血、亜鉛欠乏症貧血の両方に対応できる食品です。血行がよくなると肌のターンオーバーが順調に行われますし、ビタミンEの抗酸化作用で肌の老化が抑えられて美肌をキープすることができるのです。


writer:松尾真佐代