スタンディングデスクの人気が高まっているが、過去の研究を厳密に調べた結果、その効果が証明されているわけではない、という結論が示された。立った状態でもエネルギー消費はほとんど増えないためだ。

「スタンディングデスクの効果は「わからない」:複数の研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

スタンディングデスクは「健康にいいもの」として人気が高まっているが、実は健康にいいとは言いきれないのかもしれない。

スタンディングデスク、あるいはペダリングマシンやランニングマシンを備えたデスクなど、仕事場で座っている時間を減らすための手段に関する、最も質の高い研究20件を厳密に調べた結論は、「普通の机の前に座る場合よりもこれらの代替手段が優れている」と言えるほど十分なデータはどこにも見当たらないというものだった。

たしかに、事務用椅子に何時間も座り続けると、心不全や身体障害、さらには寿命が短くなる確率が高まる可能性があることは、過去の多くの研究で指摘されてきた。そして、このような悪影響を防ぐため、カロリー消費を増やして健康を改善する代替手段を備えた仕事場の流行に拍車をかけた。

しかし、「Cochrane Database of Systematic Reviews」に発表された論文によると、このような手段に効果があるかを評価できるかは不確かだという。これまでのところ、代替手段に関する研究では、このような手段を使えば座っている時間を30分から2時間削減できることがわかっている。しかし、これらの研究はどれも規模が小さく、健康に影響を与えるかどうかについて決定的な答えを出すには設計が不十分だという。対象となった研究の参加者は、合計してもわずか2,174人で、ランダム化比較試験が行われたものはほとんどなく、成果の追跡も最大で6カ月に留まっている。

論文執筆者のひとりである、フィンランド労働衛生研究所の研究者ジョス・フェルベーク博士は「NPR」の記事のなかで、「わたしたちが実際に知ったのは、ほとんどの研究が、かなりの程度で、時流に乗って行われたものに過ぎず、健康によいことを証明していないということです」と話している。

フェルベーク博士によれば、立っている状態のほうが座っている状態より健康によいということはまだ証明されていないという。立っていることで消費されるカロリーはかなり少ないからだ。

「1日に4時間は立っている必要があるという考えについて、実際に根拠となるものはありません」とフェルベーク博士は付け加える。「わたしなら、長時間立ち続けることは健康に害を及ぼす可能性がある証拠があると言うでしょう」。たとえば、2005年に行われた研究では、長時間立っていると、静脈瘤のリスクが高まる可能性があると指摘されている。

研究者らは、各種の仕事場設定が健康に与える影響を評価するには、さらに多くの質の高い研究が必要だと主張する一方で、現時点では次のように結論付けている。

座っても立っても使える机は、仕事の能率や各種の疾患に大きな影響を与えるとはいえない。立った状態でもエネルギー消費はほとんど増えないため、立つことによって座ることの弊害を回復できるかどうかは依然として不確かである。

※研究者らは、スタンディングデスクより、プリンターやトイレの位置を工夫するなどして、オフィス作業中に動かざるをえない仕組みをつくるほうがよいと勧めている。なお、2015年には、5,132人の習慣を16年間にわたって追跡調査した結果、長時間座る生活を続けたとしても、必ずしも寿命が縮むとは言えない(さらに、スタンディングデスクはあまり役に立たないらしい)という研究結果が発表されている(日本語版記事)。いっぽう、少数対象の研究では、神経認知テストのスコアが向上したという結果もある(日本語版記事)。