28日、中国国内で「google.com.hkが使える。速度も速い。偶然?それとも…」との書き込みが投稿され、注目を集めている。

写真拡大

2016年3月28日、中国政府は情報検閲システムによってグーグルやフェイスブック、ツイッター、YouTubeなどへのアクセスを基本的に遮断しており、中国国内ではそれらのサービスを利用できないのだが、28日未明、「google.com.hkが使える。速度も速い。偶然?それとも…」との書き込みが投稿され、注目を集めている。

この書き込みに対しネットでは、「慌てるな、ただのシステムの調整で一時的には入れているだけだ」「『.hk』はもうアクセスできない。『.tw』はアクセスできる」「関連の書き込みが何件も削除されている」といった反応が多く見られた。

中国ネットは「何かしらの調整で一時的にアクセスできているだけ」という見方が強く、多くのユーザーが「もうアクセスできない」と書き込んでいることから、アクセスできたのは短期間であることが分かる。これに関して、中国側の正式な発表はない。(翻訳・編集/内山)