ビール職人が丹精込めて作ったクラフトビールを飲み比べしよう

写真拡大

3月9日、クラフトビール専門店「CRAFT & Romance」が吉祥寺にオープン。樽生クラフトビールはもちろん、約50種ある多彩な料理が自慢のビア・ビストロだ。

【写真を見る】「アンチョビ・ブラックオリーブ・焼きナスのピッツァ」(830円)はクラフトビールとも相性抜群

■ クラフトビールは31種類

「クラフトビールは大好き。でもおいしい料理も楽しみたい」という女性のわがままを叶える同店。31種類そろうクラフトビールはもちろん、手作り本格ピザやシーフード料理、肉料理などバラエティ豊富なメニューが味わえる。

中でも、たっぷりのトマトソースにオリーブの実をのせた「アンチョビ・ブラックオリーブ・焼きナスのピッツァ」(896円)や、「自家製ハムと生サラミ盛り合わせ」(907円)はオススメ。ピザ職人が店で焼き上げるピザは、サクッとしながらモッチリしたこだわりの生地を使用。軽い生地なのでお腹に重くなく、おつまみ感覚で何枚でも食べられる。

そのほか、ビッグマッシュルームを生のまま食べる「フレッシュマッシュルームとクレソン、セルバチコのサラダ」(1058円)や、新鮮な魚介類をたっぷり使った「本日の魚貝のパスタ」(1328円)など、味だけでなく見た目も楽しめる料理がそろう。

クラフトビールは、これまでに5店舗のビア専門店を手がけた、プロダクトオブタイムグループが選定。独自の視点で選んだ、日本各地や世界各国のビールを樽生で提供する。栃木の「うしとら ゆずせぞん一刻」(スモール540円、レギュラー864円)や、長野の「志賀高原 House IPA」(スモール540円、レギュラー864円)など、各地のご当地ビールを日替わりで楽しめる。

「クラフトビールは、重厚感の感じられる通好みのものから、クラフトビール初心者でも楽しめる軽くてフルーティーなものまで、バランスよくそろえました。それらに合わせるお料理も重くないので、ドリンクもお料理もいろんな味わいをご堪能いただけるかと思います」(株式会社プロダクトオブタイム 常務取締役の胡桃澤忍さん)。

料理が充実したビア&ビストロは、ビール好きはもちろんグルメな人も大満足な時間を過ごせそうだ。【東京ウォーカー】