24日、英紙デイリー・ポストは記事「広西チワン族自治区の動物園、トラを餓死させ壮陽酒に」を掲載した。動物園を名乗ってはいるが、実際はトラ牧場だという。写真は桂林市の動物園。

写真拡大

2016年3月24日、英紙デイリー・ポストは記事「広西チワン族自治区の動物園、トラを餓死させ壮陽酒に」を掲載した。26日付で観察者網が伝えた。

【その他の写真】

中国でトラの骨をつけ込んだ壮陽酒は滋養強壮の効果がある薬用酒とされており、高額で取り引きされる。これに目を付けた業者が「トラ牧場」を経営している。広西チワン族自治区桂林市にある「トラ牧場」ではなんと1800頭ものトラが飼育されている。

問題のトラ牧場は批判を避けるために動物園を名乗っているが、実際にはほとんど観光客もいない。骨を取るためにわざと餓死させることすらあるという。(翻訳・編集/増田聡太郎)