1位通過の重要性を説くFW宇佐美貴史「勝ち続けようと話している」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は27日、埼玉スタジアム2002にて、29日(火)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向けたトレーニング3日目を実施した。

▽トレーニング3日目の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFW宇佐美貴史(ガンバ大阪)は、シリア戦を勝利して1位で最終予選を迎えることの重要性を説いた。

◆FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)

──次の試合で勝ったチームが1位で最終予選に進出するが

「1位で行くことが大事だと思います。全体の話の中でも勝ち続けようと言ってますし、その結果1位になって。最終予選は楽な試合はないでしょうが、できるだけ良い位置で戦いたいと思います。勝ちたいと思います」

──個人的に、前回のシリア戦では点を取っていて良い印象があるのでは

「あれだけ過酷な環境、ピッチ状況の中で前半は苦しみましたが、力の差を見せての3-0だったと思います。ホームならより良い状態で臨めるので、良いサッカーをして自分たちらしく戦えば良いスコアで勝てると思います」

──コンパクトな戦い方の浸透度合いは

「浸透してると思います。監督の中でも、『こういう時はこう』というのが明確にあります。監督が思い描いているビジョンをプレーの中で出しつつ、そこから状況が違えば自分たちの判断で崩していく。もう1年やってますし、その辺、どういうメンバー、どういうシステムで、というのは浸透してます」