26日、中国メディアの新浪は、日本メディアの報道を引用し、東京の中古マンションの値上がりが止まったと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年3月26日、中国メディアの新浪は、日本メディアの報道を引用し、東京の中古マンションの値上がりが止まったと伝えた。

日本の不動産調査会社によると、2月の東京23区内の中古マンション(70平方メートル換算)の販売価格は5162万円で、先月と同水準だった。これまで東京の中古マンションは19カ月連続上昇していたが、データによれば都心に近いほど上昇力がなくなってきたという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは安すぎるだろう」
「不動産価格では北京の勝利」
「上海より安いじゃないか」

「安い!安すぎる!。日本のことをニュースにする前に上海に来てみろ!」
「日本の収入とも比較すべきだ。日本の平均収入は中国の何倍も上」
「日本人の収入からすれば東京で家を買うのは難しいことではない」

「そして日本のGDPは不動産頼みではない」
「50年前に英米を超えようと叫んでいたが、不動産価格でついに実現したな」
「日本は実質の面積で計算するからベランダは含まない。そして日本品質の上質な内装だ」

「日本人が買うのは家だが、中国人は国に70年分の家賃を国に払うだけ。しかも内装も自分で負担しなければならない」
「収入は貧困国と比較し、不動産価格は先進国と比較するんだな」
「大東亜共栄圏の方が某党の政策よりいいような気がする」(翻訳・編集/山中)