澎湖県政府提供

写真拡大

(澎湖 27日 中央社)台湾海峡に浮かぶ澎湖と静岡を結ぶファーイースタン(遠東)航空チャーター便の運航が決まった。今年4月21日に第1便が飛び立つ予定で、澎湖県では将来的に定期便化し、観光促進や学生同士の交流につながればと期待を寄せている。

澎湖県と静岡県伊豆地方の自治体は近年、観光や文化を中心とした関係強化に注力。昨年11月には澎湖県と静岡県西伊豆町が友好交流提携書に調印していた。

関係者によると、日本行きの便には陳光復県長ら県の関係者が搭乗し、伊豆や東京などを訪問。

(編集:齊藤啓介)