25日、韓国の俳優キム・スヒョンが北京市でファンミーティングを開催。ファンの熱気を前に涙を見せた。

写真拡大

2016年3月25日、韓国の俳優キム・スヒョンが北京市でファンミーティングを開催。ファンの熱気を前に涙を見せた。北京晨報が伝えた。

【その他の写真】

ドラマ「星から来たあなた」のヒットにより、中国では「韓流天王」と呼ばれるほど圧倒的な人気を誇るキム・スヒョン。最近では、ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」が話題になり、主演俳優ソン・ジュンギの人気が急上昇。「天王」入れ替わりのピンチとも報道されているが、25日に北京市で開催したファンミーティングには、相変わらず熱狂的なファンが大量に詰めかけた。

中韓合作映画「リアル」の撮影の合い間をぬって慌ただしく中国入り。しかし空港には、急な訪中にもかかわらず大勢のファンが待ち構えていたことで、あらためて「感激した」と語っている。

「星から来たあなた」では、地球に400年間住んでいた宇宙人を演じたが、「もし400年生きられたら何をしたい?」の質問には、ファンに向かって「400年間、愛し合おう」と宣言。観客たちをどっと沸かせた。

映画「リアル」について、入隊前の最後の作品になるのでは、とも言われている。そのせいかどうかは不明だが、イベントのラストには涙を見せる場面も。会場のファンの中にも、もらい泣きする人の姿が多く見られた。(翻訳・編集/Mathilda)