26日、チェコ警察は、中国の習近平国家主席の訪問を前に首都プラハに掲揚されていた中国国旗が、黒色の塗料のようなもので汚される事件が起きたと発表した。写真は中国国旗。

写真拡大

2016年3月26日、チェコ警察は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪問を前に首都プラハに掲揚されていた中国国旗が、黒色の塗料のようなもので汚される事件が起きたと発表した。英BBC(中国語電子版)が伝えた。

習主席は28、29の両日、チェコを訪問し、その後米国へ向かう。

チェコでは、習主席の訪問に合わせ、中国のチベット政策に反発する抗議活動が予定されている。抗議活動家らは空港付近にチベットの精神的指導者ダライ・ラマ14世やチェコのバツラフ・ハベル前大統領の写真を掲げることを計画している。(翻訳・編集/柳川)