26日、台湾・国民党の新たな主席に洪秀柱・前立法院副院長(国会副議長)が選ばれたことを受け、中国共産党の習近平総書記は、洪氏に祝電を送った。写真は習氏。

写真拡大

2016年3月26日、台湾・国民党の新たな主席に洪秀柱(ホン・シウジュー)前立法院副院長(国会副議長)が選ばれたことを受け、中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記は、洪氏に祝電を打ち、92年コンセンサスの堅持と台湾独立への反対を継続し、両岸(中国と台湾)関係の平和的な発展を共に守り、中華民族の偉大な復興を共に成し遂げようと呼び掛けた。中国新聞網が伝えた。

これに対し、洪氏は習氏に謝意を示した上で、両党が92年コンセンサスを堅持し、相互信頼と協力をさらに深めようと応じた。(翻訳・編集/柳川)