山陽道の多重事故 逮捕された運転手「事故前の仮眠で寝過ごした」

ざっくり言うと

  • 広島県の山陽自動車道下り線の八本松トンネルで発生した多重事故
  • 逮捕された運転手は事故前の仮眠で「寝過ごして40分遅れた」と供述している
  • 事故の際の居眠りを認めており、背景に過労の可能性があるとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング