26日、台湾・国民党の新たな主席を選ぶ補欠選挙が投開票され、洪秀柱・前立法院副院長(国会副議長)が過半数の7万8829票(56.16%)を獲得し当選した。

写真拡大

2016年3月26日、台湾・国民党の新たな主席を選ぶ補欠選挙が投開票され、洪秀柱(ホン・シウジュー)前立法院副院長(国会副議長)が過半数の7万8829票(56.16%)を獲得し当選した。同党初の女性党首となる。任期は17年7月まで。中国・環球網が台湾・中央社の報道を引用して伝えた。

黄敏恵(ホアン・ミンフイ)代理主席は4万6341票、李新(リー・シン)台北市議は7604票、陳学聖(チェン・シュエション)立法委員(国会議員)は6784票だった。(翻訳・編集/柳川)