エッグレースをイメージしたデザートなど、全5品を楽しめる「“ディズニー・イースター”エンパイアディナー」(1万1630円)/(C)Disney

写真拡大

ディズニーアンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」では、「“ディズニー・イースター”エンパイアディナー」(1万1630円)を提供中だ。

【写真を見る】5月8日(日)までの期間は、ドナルドダックとグーフィーのオリジナルピンが付いてくる!/(C)Disney

いつもより豪華に「ディズニー・イースター」を楽しみたい時、おすすめしたいのがこちらのディナー。前菜からデザートまで全5品のコースとなっており、キャラクターをデザインしたオリジナルピンが付いてくる。

今回は、5月8日(日)まで登場するメニューの中から、注目の3品をピックアップして紹介!「イースターの華やかな雰囲気や、春の花々をイメージしました」というシェフの言葉どおり、どの品も味、見た目ともに春らしさが満載となっている。

■ 「桜の香るサーモンのグリルマリネ ズッキーニのエスプーマ添え ハニーマスタードソース」

サーモンの上でさまざまな食材が宝石のように輝く、美しいひと皿。根菜を中心としたこれらのトッピングで、ミッキーマウスの帽子の花飾りを表現しているのだとか。口の中に広がる贅沢なハーモニーを楽しめる。

さらに、桜の塩漬けのパウダーをあしらい、味わいにも花を取り入れている。サーモンは程よく塩気が効いていて、白ワインとの相性も抜群!「ズッキーニのエスプーマ」には、イースターバニーの耳に見立てた葉が付いており、大人っぽいかわいらしさが魅力だ。

■ 「ロブスターのロースト スモークパプリカ風味 ストロベリーアボカドサルサ」

メイン料理には、カリフォルニア料理レストランである同店ならではの、豪快な一品を用意。大きなロブスターが乗り、インパクト抜群だ。通常、サルサソースにはトマトを合わせることが多いそうだが、こちらはイチゴを使用。スパイシーなサルサソースに甘酸っぱさが加わり、ロブスターの身と相性の良い味付けに仕上がっている。

旬の春野菜も盛りだくさん!アスパラや皮付きのタケノコ、「ピサンリ」と呼ばれるタンポポの葉、イースターバニーの好物であるニンジンなどが彩りを添える。なお、メイン料理は「ビーフテンダーロインのグリルモリーユ茸ソース 野菜のフリカッセを添えて」も選択可能だ。

■ 「クレームダンジュとアプリコットパッションフルーツソルベ」

シェフが「まずは目で見てお楽しみください」とアピールするこちらのデザートは、エッグレースがコンセプト!口溶けの良いクレームダンジュの上には、卵形のマカロンと、クッキーで作ったスプーンが飾られている。

ラング・ド・シャには、スプーンで卵を運ぶプルートをデザイン!皿にはかわいらしいイースターバニーたちが描かれており、愉快なエッグレースのワンシーンが目に浮かぶようだ。

実際のコースでは、この他に「ホワイトアスパラガスのコーンミールフライとヤリイカのグリル ピカントソース」と「小鯛の桜エビクラスト リゾットと共にパセリのソースで」が付く。

シェフのこだわりが詰まった「エンパイアディナー」で、思い出に残る贅沢な「ディズニー・イースター」を満喫してみては?【東京ウォーカー】