24日、朴槿恵大統領が韓国と中国でヒット中のドラマ「太陽の末裔」を称賛したことを受け、韓国では一度撤去された同ドラマのロケセットを税金を投じて再建する動きが出ている。これについて、韓国のネットユーザーからは不満の声が上がっている。資料写真。

写真拡大

2016年3月24日、韓国・ハンギョレによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領が韓国と中国でヒット中のドラマ「太陽の末裔(まつえい)」を称賛したことを受け、韓国では一度撤去された同ドラマのロケセットを税金を投じて再建する動きが出ている。

同ドラマの主な背景となるウルク太白部隊は、ほとんどが江原道太白市にある廃炭鉱内のロケセットで撮影された。ロケセットは昨年11月のドラマ撮影終了と同時にすべて撤去された。しかし、太白市は23日、「韓国のネットユーザーのみならず国内外の旅行会社からもウルク太白部隊のロケセットを訪問したいとの問い合わせが相次いでいる」とし、「ロケセットを再建し、近隣の観光地と連携して韓流観光の名所にする予定だ」と明らかにした。

さらに、朴大統領が21日の首席秘書官会議で、「『太陽の末裔』が韓国の文化を世界に知らしめ韓国への関心を呼び起こしている」と称賛すると、政府部署もロケセット再建に向けて動き出した。韓国観光公社のチョン・チャンス社長は22日、太白市を訪問し、積極的な支援を約束。25日には他の政府関係者も同市を訪れる予定だという。

しかし、ロケセット再建のためには費用や山林復旧の問題を解決しなければならない。ロケセットが作られた廃炭鉱は山林庁が64億ウォン(約6億2000万円)をかけて山林復旧工事を行っていた。しかし、ドラマ制作側からの撮影協力要請を受け、山林庁は工事を一時中断し、ロケセットの撤去を条件に貸し出していた。また、太白市は「約20億ウォン(約1億9000万円)の再建費用をすべて負担することは不可能」とし、中央政府に再建費用や道路網拡充などを求めている。

これについて、韓国のネットユーザーからは不満の声が上がっている。

「いくら人気があると言ってもこれは違う」
「税金を無駄にするな。観光産業も大事だがほどほどにしてほしい」
「お金のためなら環境問題を無視してもいいの?」

「2年後には誰も訪れない。映画のロケセットを保存している場所は全国にたくさんあるが、ほとんどが管理されずに廃れている」
「俺の出した税金がどこに使われているのか、詳しく知りたくなった」

「大統領の一言にこんなにも振り回される国が他にあるか?10年持つ観光地かどうか、しっかり検討してほしい」
「朴大統領がそんなに偉いの?朴大統領の機嫌を取ることしか能がない韓国の公務員。本当に恥ずかしい」
「大統領にドラマを見る暇があるの?国民は毎日、夜遅くまで働いているのに…」(翻訳・編集/堂本)