1G2Aのアフガン戦を語るMF清武弘嗣「久々に代表で楽しくサッカーができた」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は26日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、29日(火)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向けたトレーニング2日目を実施した。

▽トレーニング2日目の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたMF清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)は、1ゴール2アシストの好パフォーマンスを見せた先のアフガニスタン代表戦を振り返り、「久々に代表で楽しくサッカーができた」と納得の表情を見せた。

◆MF清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)

──次の試合は出る予定か

「(試合当日を)見てもらえばわかるんじゃないかな。僕は90分やってるし、(監督が)最初からちゃんとした、しっかりとしたメンバーでシリア戦に臨むってこともわかっていた。良いゲームをして、点差をつけて勝てればいいかなと思う」

──日本代表のトップ下でプレーして改めて感じたことはあるか

「代表に来たら難しいことが多いというか、クラブチームと別物だし、考えながらやることが沢山ある。この前の試合も考えながらプレーしたけど、身体もすごく動いていて、周りも連動していたし、久々に代表で楽しくサッカーができた」

──FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)が感覚でプレーしてたと話していたが

「結局、話してもピッチに入ったら同じ。みんなが感覚でやったってよく言っているけど、感覚的に、本能的にプレーできていた。それが試合で良い形として表れてくれたと思うし、綺麗な攻めじゃなくても、ああいうふうに(ゴールは)取れる。良いプレーがてきたっていうのは、感覚もすごい大事だし、試合をやっていく中でみんなの感じるものが一致するかどうかだと思う」

──楽しめたっていうのは具体的に何か

「新しいフォーメーションで、すごい新鮮な気持ちで入れたし、沢山ボールに触って、沢山攻撃に絡むことが自分の役割。それができたっていうのは代表で久々だったので、充実した試合だった」

──感覚的というのは前線の2人(岡崎、FW金崎夢生)で良い形を作れていたからか

「オカちゃん(岡崎)が常にゴール前にいてくれたのを見て、それに気持ちを乗せられたっていう自分もいた。あの2人に引っ張ってもらったっていう部分もあったと思う」