肺がんで急逝したクライフ氏についてFW本田圭佑「常識を覆した人」

写真拡大

▽日本代表は26日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、29日(火)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向けたトレーニング2日目を実施した。

▽トレーニング2日目の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFW本田圭佑(ミラン/イタリア)が、24日に肺がんで亡くなった元オランダ代表で伝説的な名選手のヨハン・クライフ氏について語った。

──クライフ氏が亡くなり、自身の公式HPでコメントを寄せていたが改めて

「そこまで詳しい間柄でもないんですが、バルセロナの病院で会ったのが初めてで、その時に色々と話しました。その前にクライフコートの件もあったので、その件の御礼を言ったり、先週スコットランドでゴルフをして腰を痛めたとか、そういった話をしていました。どこまでが本当なのかは分かりませんが」

「世界のサッカー界にとって大きな損失であることは間違いないですし、オランダ(本田は2008〜2010年までVVVに所属)でプレーしていた分だけ、クライフの話は色々な人から聞いていました。親しくはないですが、身近に感じたので、あの様にコメントを出させていただきました」

──サッカーがエンターテインメントに、攻撃的なものになったことに寄与した人だと思いますが

「常識を覆した人だと思います」