GK東口順昭、アフガン戦先発も見せ場ほぼなしで自虐「僕が映っていたシーンは…」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は26日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、29日(火)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向けたトレーニング2日目を実施した。

▽トレーニング2日目の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたGK東口順昭(ガンバ大阪)は、キャリアを通じて2試合目の代表キャップを飾った先のアフガニスタン代表戦について言及。日本がワンサイドゲームに持ち込んだことで、良くも悪くも自身に十分なアピールのチャンスがなかったことを冗談交じりで語った。

◆GK東口順昭(ガンバ大阪)

──(アフガニスタン戦に)先発出場して手応えは?

「いつもどおり、まだまだアピールしないといけない立場だと思うので、これからも全力でやっていきたい」

──監督からプレーへの指摘はあったか

「(監督から)個人的にはないけど、切り抜きの映像を見て、チームとして『ここはどうだった』っていうプレーの解説があった。僕が映っていたのは…(笑)。僕がダイレクトで叩いた流れから、シュートに持ち込むシーンがあったぐらい…それしかないですね(笑)」

──ガンバ大阪でもACL(AFCチャンピオンズリーグ)という舞台を経験しているが、代表で90分間プレーするのと違いはあるか

「緊張感は多少あるし、チームでACLを戦うのとまた違った雰囲気もある。僕が最初にJリーグに出るって決まったときの緊張感に似ているかなと思う」

「日本代表は小さい頃から見てきた憧れの舞台。Jリーグもそうだし、そういう舞台に立てるっていう最初の一歩はやっぱりすごい緊張感がある」

──先発出場したことでもっと出たいという意欲が湧いてきたか

「もっともっと自分を出したかった。それに対してはすごい物足りなさを感じているし、次にぶつけられれば」

──最終予選への出場決定を受け、監督から何か言われたことはあるか

「細かいことはないけど、しっかりシリアを叩いて、1位で通過しようと。それが“明確”な目標というか、“最低限の”っていうところかな」