グルメ屋台も!開業30周年の赤坂アークヒルズで「さくらまつり 2016」開催

写真拡大

赤坂のアークヒルズが開業して、3月31日で30周年を迎えるそう。周囲の桜坂やスペイン坂で開業当時に植えられた桜150本は、30年の間に幹が約4倍以上に成長し、今では約700mの美しい桜並木に。桜の開花に合わせて17時から22時まではライトアップが行われ、幻想的な風情に。

そんな桜に囲まれたアークヒルズでは、2016年4月1日(金)から4月3日(日)まで、「さくらまつり 2016」を開催。今年のテーマは30回目の「バースデーガーデンパーティー」で、アーク・カラヤン広場の中心に、ガーデンパーティーエリアが出現する。

「テーブル&チェアエリアと芝生エリアがあるので、お好みのスタイルをご利用ください。今年は30周年の節目ということもあり、さくらまつりで使える金券が当たるスクラッチくじ企画など、感謝の気持ちを込めたプログラムをご用意しています」と、広報担当者さん。
会場内には、さくらまつり期間中にアークヒルズサウスタワー内飲食エリアの装花演出も手がける、世界的なフラワーデザイナー・赤井勝さんの手がけた桜も登場して、お花見気分を盛り上げる。また、最終日となる4月3日(日)の18時30分からは、「桜の枝プレゼント」もあるそうなので、最終日におでかけする女子は夕方までゆっくり楽しんで。

また、パーティーエリアの周囲では、アークヒルズエリアのレストランによるグルメ屋台12店が、さくらまつり限定のオリジナルメニューを提供する。例えば、アメリカ発の人気レストラン「バビーズ ニューヨーク アークヒルズ」からは、見た目もインパクト大の「スモークビーフパストラミバーガー」(800円)が登場する。ジューシーなハンバーグにコショウが効いたパストラミを重ねたハンバーガーは、ボリューム感が抜群。

このほか、タコス専門店「タコリッコ」から野菜たっぷりの「チキンタコス」(300円)や、老舗中華料理店「華都飯店」からはシラガネギをトッピングしたシンプルな「中華そば」(700円)など、バラエティ豊かなメニューが並ぶというから楽しみ。

ちなみに、グルメ屋台と対象の飲食店舗で税込1000円以上利用すると、「30周年 ありがとうくじ」というスクラッチ1枚がもらえるそう。当たりが出たら、グルメ屋台で使える500円の金券のプレゼントが(1200名まで)。これも30周年ならではの、感謝のプログラムなのだとか。


さらに広場のステージでは、パーティ気分を盛り上げる音楽やパフォーマンスも。4月2日(土)の12時30分、15時30分、17時に登場する「GABEZ(ガベジ)」は、パントマイムをベースにしたダンス&サイレントコメディーで活躍する2人組ユニット。

4月3日(日)には、12時、16時30分から和太鼓集団「雅轟太鼓(みやびとどろきだいこ)」、12時40分、14時、17時45分から「武蔵野音楽大学サックスカルテット Ciao!! (チャオ)」などの演奏も行われる。

クラシック好きの女子には、「オープンハウス〜サントリーホールで遊ぼう!」がおすすめ。こちらは4月2日(土)の11時から17時までの間、サントリーホールに出入り自由で、オーケストラや室内楽の演奏が聴ける毎年恒例の無料イベント。今年は、国際的に活躍する鈴木優人さんのオルガン演奏や、横浜シンフォニエッタのオーケストラコンサートなどを予定しているそう。


毎週土曜の朝に開催される「ヒルズマルシェ」は、この期間中、営業時間を延長して4月2日(土)と3日(日)に特別開催。新鮮な野菜や旬の果物、ジャムなどの加工品を扱う店舗が約30店参加する。

会場では、「桜染め和紙をつくろう」(1000円)や「ストール・ハンカチの紅花染め」(1000円)、「小さな盆栽つくり」(3000円)などのワークショップが多数開かれるとか。随時受付のものも多いので、手作り好きの女子は気軽にチャレンジを。

昼間のガーデンパーティも、デートで歩きたい夜の桜並木も、30周年のアークヒルズでさまざまに春を楽しんで。