25日、このほど台湾へ戻って学力認定試験に参加した韓流ユニットTWICEメンバーのツウィについて、大量の警察官が出動したことが「税金の無駄遣い」と批判が噴出している。

写真拡大

2016年3月25日、このほど台湾へ戻って学力認定試験に参加した韓流ユニットTWICEメンバーのツウィ(周子瑜)について、大量の警察官が出動したことが「税金の無駄遣い」と批判が噴出している。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

台湾出身のツウィは昨年、TWICEのメンバーとしてデビュー。今年初めには、「台湾独立支持派」として中国のネットユーザーから猛烈な批判を浴び、その直後に謝罪動画を公開したことでも話題になった。

韓国の高校に進学するため、このほど故郷の台南市に戻り、中卒認定試験に参加。謝罪騒動から初めて台湾に戻ったことで、世間からの関心も高く、試験会場にはメディア記者とファンが大量に押し寄せた。このため、ツウィの身辺を守る警察官の数は当初の予定より大幅に増員され、35人が取り囲むことに。「小娘1人に大げさすぎる」と、世間からは税金の無駄遣いを厳しく批判する声が上がっている。

ツウィは試験終了後、学校の机にサインを残したことでも、「公共物を破損させた」と批判されている。なお、試験には無事合格して高校進学を決めている。(翻訳・編集/Mathilda)