空席が目立ったアフガン戦…DF槙野「スタジアムを青く染めたい」

写真拡大

 5-0で大勝したアフガニスタン戦。ベンチから戦況を見つめていたDF槙野智章は、一つの光景を目の当たりにして、さらに奮起しなければならないと決心していた。

 24日に行われた同試合の前売り券は完売せず。当日券が販売されたものの、スタジアムに詰め掛けた観客数は4万8967人。槙野はFW本田圭佑と「スタンドにちょっと空席が目立つね」という話をしたようだ。選手である以上、代表戦では「埼玉スタジアムが満員になり、青く染まるスタジアムの中で試合をやりたいという気持ちがある」のは当然だろう。しかし、サポーターにスタジアムに足を運んでもらうのも自分たち次第だと話す。

「結果もそうですが、質の高いサッカー、また見に来たいと思ってもらえるようなサッカーをし、そういう選手になることが大事です。自分たちの手にかかっていると思うので、願望だけでなく、ピッチ上で表現しないといけない」

 29日に行われるシリア戦のチケットは前売りで、すでに完売している。そこで、また見に来たいと思ってもらえるようなサッカーを披露するのはもちろんのこと、「しっかりとシリアに勝って首位通過することが、今後の日本サッカーにとっても大事だと思う」と大観衆の前での必勝を誓った。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア2次予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧