24日、韓国政府は幼稚園屋内の監視カメラ設置率を引き上げる方針だ。資料写真。

写真拡大

2016年3月24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は幼稚園屋内の監視カメラ設置率を引き上げる方針だ。環球網が伝えた。

問題となっている児童虐待を防ぐための措置で、韓国教育部はこの日、「教室や食堂など幼稚園屋内の設置率引き上げに向け、需要に関する調査を来月までに始める」と発表した。1台の設置につき20万ウォン(約2万円)の補助金を支払う計画だ。

監視カメラの設置を支援する取り組みは昨年から始まっており、同年8月1日時点の設置率は94%だった。ただ、教室はわずか56%で、当局はこれを90%に引き上げるまで補助を続けるとしている。(翻訳・編集/野谷)