25日、中国新聞網によると、中国雲南省玉渓市の山中で、アヘンの原料となるケシが違法栽培されているのが見つかった。写真はケシ。

写真拡大

2016年3月25日、中国新聞網によると、中国雲南省玉渓市の山中で、アヘンの原料となるケシが違法栽培されているのが見つかった。

栽培していた男はケシを植えた理由について「妻に念願の男の子を産んでもらおうと思ったから」と説明。男によると、妻は最初の子(女児)を出産した後、虚弱気味になっており、「万病を治す」を聞いたアヘンで健康な状態にしようと考えたという。

当局は男が植えていた168株を撤去し、「いかなる目的があってもケシ栽培は違法」と指導。これと合わせて罰金処分も科した。

中国ではケシの安易な使用が次々と報じられており、江蘇省蘇州市ではケシの種から抽出した油を与えられた赤ちゃんが意識不明になるという事態が発生した。これを与えた祖母は、ケシ種油がせき止めになるという故郷の民間療法を信じていたという。また、ケシの殻を調味料として料理に混ぜる飲食店も横行。その背景には「おいしさが増す」「料理を食べた客は依存状態になって再び来店する」といった思惑があるとみられている。(翻訳・編集/野谷)