25日、女性歌手のリア・ドウが音楽アワードに登場し、人生で初めての音楽賞を手にした。

写真拡大

2016年3月25日、女性歌手のリア・ドウ(竇靖童)が音楽アワードに登場し、人生で初めての音楽賞を手にした。新浪が伝えた。

【その他の写真】

昨年、日本で音楽イベントに出演し、プロとしての第一歩を踏み出した19歳のリア・ドウ。カリスマ女性歌手フェイ・ウォン(王菲)と、人気ミュージシャンのドウ・ウェイ(竇唯)との間に誕生し、早くからネット上で自作曲を発表するなど、親譲りの才能を見せていた。

25日、広東省で行われた第3回QQミュージックアワードに参加。新人賞の「新勢力女性歌手賞」と、昨年の音楽界で話題をさらった人物に贈られる「年度熱捜歌手賞」を受賞した。昨年のメジャーデビュー後、リア・ドウが音楽賞を獲得したのはこれが初めて。自身の音楽人生で記念すべき第1号の賞となった。

中性的なイメージのルックス、母譲りの個性的なファッションセンスでも注目される。昨年は髪をピンク色にしたが、かつてフェイ・ウォンも同じ色だったため、大きな話題になった。現在はグリーンに染めているが、奇抜な髪の色については、反逆心のアピールではないとコメント。「特にこだわりはなくて、スタイリストの意見に従っただけ。私は聞き分けのいい子だから」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)