▽明治安田生命J2リーグ第5節の千葉vs群馬が26日に行われ、0-0で終了した。

▽ここまで3勝1敗の千葉が、同2勝2敗の群馬をホームに迎えた。試合序盤は、吉田や小池が果敢にシュートに持ち込むなど、千葉がペースを握る。しかし、いずれのシュートもコースが甘く、群馬GK清水に処理される。その千葉は27分、右サイドの多々良が入れたセンタリングに船山がヘッド。これが枠を捉えるも、GK清水のファインセーブに遭う。

▽ゴールレスで迎えた後半、千葉は67分に決定機を迎える。アランダからボックス右でパスを受けた途中出場のエウトンがダイレクトクロス。しかし、ファーサイドでフリーだった船山がまさかのキックミスでシュートをゴール左に外し、絶好機を逸した。

▽結局、試合はゴールレスドローで終了。両チーム共に今季初の引き分けとなった。