台湾南部地震  日本などからの義援金、台南市で配分開始

写真拡大

(台南 26日 中央社)中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)は26日、先月上旬に台湾南部で起きた地震に対する海外からの義援金の1次配分を、117人が死亡するなど被害が集中した台南市で行った。この日は、犠牲者の遺族ら188人に対し、計1908万台湾元(約6600万円)が配分された。

同会の王清峰会長によると、義援金は負傷者や遺族への見舞金、看護や避難生活などの補助金として、これまでに受理した申請200件中の97件に配分しており、残りも査定が終わり次第実施するとしている。被災者らには、オランダの家電大手フィリップスからも炊飯器や照明器具などが贈られた。

今回の地震では、日本政府が同会に対して120万米ドル(約1億3560万円)の緊急無償資金協力を実施。米国政府と韓国政府がそれぞれ50万ドルと10万ドル、中国大陸の対台湾窓口機関、海峡両岸関係協会が500万人民元(約8600万円)の寄付を発表している。

(楊思瑞/編集:杉野浩司)