日本のケトルベル第一人者である松下タイケイ氏
 雨後の筍のようにさまざまなトレーニンググッズが登場し、流行ったかと思いきや廃れていく。

 そんなサイクルが繰り返されているフィットネス業界だが、ロシアで400年以上前から伝わり、かつては旧ソ連特殊部隊におけるトレーニングでも採用されていた伝統的なトレーニング器具がいま、国を渡りアメリカの陸軍の教本にも組み込まれたほか、元NAVY SEALDSの隊員も認めたほか一般市民にすらも効果絶大なトレーニングとして人気を博しているという。

 そしていよいよ、日本でも注目され始めたという。

 そのトレーニング器具の名は「ケトルベル」。

◆400年前のオスマントルコ皇帝も使っていた

 ケトルベルにいち早く注目し、日本人として初めてRKCという元ソビエト特殊部隊教官が設立したケトルベルのトレーニング団体でインストラクター資格を取得した人物であり、最近、『身体を芯から鍛える! ケトルベル マニュアル』(日貿出版社)を上梓したばかりの松下タイケイ氏は語る。

「ケトルベルとはやかんの形に似たダンベルのような器具です。鉄球にハンドルが付いているものといえばわかりやすいでしょう。300年前のロシアの事典にギラという名称で出ているほか、オスマントルコ皇帝のムラト四世が104キロのケトルベルで体を鍛えていた伝説もあります。歴史を遡ると少なくとも400年前には存在していたそうです」

 そんな伝統を誇るトレーニング器具が、なぜかいまアメリカでは「Kマート」(アメリカの代表的なディスカウントストア)でも売っているほどポピュラーなアイテムになったのだろう?

「ダンベルやバーベルのようにバランス配分されている形状と違い、重量が一方に偏っています。そのため振ることで遠心力が発生し、体に重量以上の負荷を波及させるんです。スイング(ケトルベルの基本種目)を基本とする振る種目は大臀筋(尻)と広背筋(背中)、それぞれ下半身と上半身最大の筋肉を無理なく発動させます。ビッグ2の筋肉をまず鍛えておけば末端の筋肉群へも波及します。ケトルベルを振る動作を反復すると心拍数が1分あたり140回〜180回以上まで瞬時に上がります。心肺機能向上効果があります。食事制約と合わせるとダイエット効果ものぞめます。こうした合理性がアメリカ人にもウケたんだと思います」

◆ジムに行く時間がない人も鍛えることができる

 筋力と同時に心肺機能も鍛えられる。だとすれば確かに合理的だ。そんな合理性ゆえか、ロシアの格闘家ヒョードルもトレーニングに利用していたほか、最近では大相撲初場所で見事優勝を飾った琴奨菊関もケトルベルをトレーニングに導入している。

 もちろん、格闘家だけではない。時間効率抜群なこの合理性故に、ケトルベルによるトレーニングは、忙しいサラリーマンにこそうってつけだという。

「男性であれば夜仕事から帰宅後に16キロ、24キロのケトルベルと畳1枚のスペースあれば人並み以上のパワーと持久力が身につくでしょう。24キロのケトルベルを下から頭上まで振る負荷は120キロに達すると言われています。これを反復したらどうなるでしょう。想像に難しくないと思います。もちろん、ケトルベルの効果と同等のことはバーベルで達成できるかもしれません。しかし、130キロのバーベルとトレーニング可能な場所は東京都内でも限られますし、時間的制約もあります」

◆柔軟性や持久力、瞬発力が同時に鍛えられる

 松下氏によれば、土台となるトレーニングは「ツーアームスイング」と「ゲットアップ」だという。

「これはケトルベルトレーニングの基礎種目ですが、非常に奥が深く効果が高いトレーニングです。また、持てばわかりますが、ケトルベルを持つとやはり上に持ち上げたくなる。こんな人にはミリタリープレスやスナッチという種目もオススメです。体の柔軟化と持久力向上、瞬発力向上効果があります。日頃疲れて息切れするような行動をとっても疲れなくなるでしょう」