▽明治安田生命J2リーグ第5節の讃岐vs徳島が26日に行われ、1-2で徳島が勝利した。

▽ここまで3勝1分けの讃岐が、1分け3敗と苦しいスタートとなった徳島をホームに迎えた。一進一退の攻防で進んだ前半はゴールレスドロー。讃岐はCKからエブソンがネットを揺らすシーンもあったが、オフサイドの判定が下り、ゴールレスのまま試合を折り返す。

▽迎えた後半は徳島が力強い入りを見せる。すると49分、徳島がボックス内でエブソンのハンドを誘ってPKを獲得。これを内田がしっかりと沈めて、試合の均衡を破る。勢いに乗る徳島は続く53分、左サイドから冨田が入れたクロスを山崎が頭で落とすと、これを木村がプッシュ。一気に2点差とする。

▽2点のビハインドを背負った讃岐は、ここから反撃。70分には、CKの流れから右サイドの山本が入れたクロスを正面のエブソンが合わせて、1点差に詰め寄る。その後も同点弾を目指した讃岐だが、徳島に逃げ切られて敗戦。今季初黒星を喫した。一方の徳島は初勝利を飾った。