25日、結婚問題がいつも話題になる女優リン・チーリンが、寂しい夜の過ごし方について語った。

写真拡大

2016年3月25日、結婚問題がいつも話題になる女優リン・チーリン(林志玲)が、寂しい夜の過ごし方について語った。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

リン・チーリンは25日、台北市でオンラインゲームの発表会にコスプレ姿で登場。姿を見せるたびに話題に上る結婚問題について、この日も語っている。

41歳でシングルだが、すでに長年にわたって恋のうわさが聞こえてこない。「ここ数年は誰も近寄ってこない」と、男性運から遠のいていることを認めている。「両親はもうあきらめたみたい」と語っているが、リン・チーリン自身はまだ希望を持っているといい、「私の気持ちを分かってくれる人がいれば…」と、そばにいてくれる人を求める思いをのぞかせた。

1人で過ごす寂しい夜について聞かれると、「布団をかぶって、お鍋でも食べれば暖かいでしょ?」と笑顔でコメント。このほど占い師がチーリンについて、「目頭を切開したせいで結婚運を逃した」と語ったことについては、「顔に手を加えたことなんて絶対にないから!」と強く否定している。(翻訳・編集/Mathilda)