FW小林悠が日本代表から負傷離脱…横浜FMのFW齋藤学が追加招集《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼 AFCアジアカップ UAE2019予選)のシリア代表戦を控える日本代表から、FW小林悠(川崎フロンターレ)がケガのため離脱することを発表した。なお、FW齋藤学(横浜F・マリノス)を追加招集することも発表している。

▽小林は24日に行われたアフガニスタン代表戦に後半から途中出場。しかし、試合中に負傷しており、25日のトレーニングを途中で切り上げていた。なお、齋藤は、26日から日本代表に合流。小林は26日にチームへと戻る。

▽今月行われた日本代表候補トレーニングキャンプに招集されていた齋藤は、試合に出場すれば2014年6月に行われたブラジルW杯本大会前に行われたザンビア代表との国際親善試合以来となる。

▽齋藤はクラブを通じてコメント。チャンスを掴むと意気込みを語った。

「選出頂いたことを大変光栄に思います。横浜F・マリノスの代表として自覚を持ち、今回のチャンスを掴めるよう最大限に力を発揮し、チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります」