上質な素材にこだわったパン

写真拡大

五反田に、店内で焼き上げる自家製パンと自家焙煎コーヒーの店「Bread&Coffee IKEDAYAMA」がオープン。上質な素材を使用した、プチ贅沢なパンとコーヒーを楽しめるベーカリーだ。

【写真を見る】絹のように滑らかなモチモチ食感の「パン・ド・ミ」(1斤450円)

■ みずみずしい食パンがイチオシ

パン職人とパティシエ、そしてコーヒーを扱うバリスタが常駐する同店。焼きたてのパンと、店内で焙煎された本格的なコーヒーを楽しめるのが特徴だ。

オールスクラッチ製法で作られるパンは、ミネラルと食物繊維を多く含むグレードの高い小麦粉を使用。じっくりと熟成し発酵させた生地で焼き上げた、香ばしく甘味の強いハード系のパン「バケット」(ハーフ180円、1本350円)や、旬素材を生かしたスイーツ系の「デニッシュ・フレーズ」(420円)など、常時約30種のパンがそろう。バリスタが1杯ずつハンドドリップして淹れるコーヒー(400円)には、厳選のコーヒー豆を使用。パンとの相性を考え、雑味のないスッキリとした味わいに仕上げている。

「上質な素材とこだわりの製法で、毎日足を運びたくなるようなおいしいパンを目指して心を込めて作っています。私がお薦めするパンは何と言っても『パン・ド・ミ』(1斤450円)。北海道産小麦『ゆめちから』を使用しており、湯だね製法によってモチモチ・しっとりした食感と、噛むほどに甘味が感じられるパンに仕上がっています。当店にご来店の際は、ぜひ食べていただきたいです」(シェフブーランジェ・保住さん)。

イートインスペースは約30席あり、ガラス張りのライブキッチンで、パンを焼いているところやコーヒー豆を焙煎しているシーンを見られる。

パンもコーヒーも作りたてを味わえる店で、出勤前のモーニングに立ち寄り、優雅なひとときを過ごしてみては?【東京ウォーカー】